第82回「文化財としての校歌」

田坂州代

「書家 田坂州代の 筆跡深層コーチング」
第82回 お楽しみ
「文化財としての校歌」

こんにちは。
書家・筆跡ブランディングアドバイザーの田坂州代(たさか・くによ)です。

毎日目にする自分の筆跡。好きですか。嫌いですか。

「こんな自分になりたい」と思い浮かべてみてください。
その人はどんな筆跡が似合うと思いますか。

「明るく元気な文字」
「繊細な文字」
「重厚で力強い文字」
「ふんわりおだやかな文字」
etc.

その筆跡を自分で書いて毎日眺めることで、深層心理に影響を与え
考え方や行動や気分が「なりたい自分」に近づきます。

筆跡だけではありません。目や耳に触れるものや体験、どれも幅広くありたいですよね。

gakufu

だれもが一度は歌ったことがある「校歌」。
学校の懐かしい想い出の一つです。

しかし、少子化や過疎による学校の統廃合で廃校になってしまった学校の校歌は、いったいどうなってしまうのでしょう?
そのまま忘れ去られて良いのでしょうか。

私の地元、東京都狛江市では、「校歌」を文化財として保存する試みが行われています。
統廃合により歌われなくなった校歌を、楽譜や録音(歌唱入りと、伴奏のみのカラオケ)の形できちんと整備して保存する活動です。
この動きは今後、全国に波及するかもしれませんね。

しかもその録音をコンサートのなかで公開収録してしまおうというイベントがきたる11月14日に行われます。
プロ奏者やプロ歌手とともに、地元の方達も参加しての収録です。
あたなもその現場を目撃してみませんか。

151009asakaチラシ表大

151009asakaチラシ裏大

「こまえ文化フェスティバル2015
~そうだ、音楽室へ行こう!!~」
2015年11月14日 15:00開演
大人1000円、中学生以下無料
狛江 エコルマホール
新宿から小田急線で約20分
狛江駅前徒歩0分
公演詳細
http://onkoma.jp/event/2015/09/post-71.html

ではまた次回このコーナーでお目にかかりましょう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「書家 田坂州代の 筆跡深層コーチング」は下記のメニューでお届け致しております。

毎月第1金曜日 筆跡美人1分レッスン(ワンポイントで貴女の文字が変わるコツ)
毎月第2金曜日 心に美のエッセンス(美術館、劇場、本やCDの紹介)
毎月第3金曜日 Kanji in English(貴女のお名前の漢字を英語で説明)
毎月第4金曜日 今月の絵手紙(季節のおたよりを貴女へ)
第5週目のある月 おたのしみ

心に届く手書き毛筆
書家 田坂州代(TASAKA Kuniyo)公式サイト
http://kuniyotasaka.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る